ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEGTCC発電設備向け次世代蒸気タービンの共同開発で最終合意

ページの本文です。

2009年6月23日

三菱重工業株式会社
GEエナジー

GTCC発電設備向け次世代蒸気タービンの共同開発で最終合意
三菱重工業とGEエナジー

 三菱重工業とGEエナジーは、ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備向けの次世代蒸気タービンを共同で開発していくことで最終合意し、契約書に調印した。具体的には、両社が保有する技術・ノウハウを結集して、最新鋭の高性能次世代機を開発・設計する。製作・販売については、他のGTCC発電製品と同様、それぞれ個別に手掛ける。

 今回の正式契約は、次世代蒸気タービンの共同開発検討に係る本年1月の覚書(MOU)交換を受け合意に至ったもの。両社は今後、信頼性の高い高効率機の円滑な開発・投入を目指していく。

 新たな蒸気タービンは、全世界の50Hz地域において、三菱重工のG形およびGEのFB型ガスタービンを用いた、発電出力85万~100万kWのGTCC発電設備に適用されることとなる。

 今回の最終合意は、三菱重工とGE が、GTCC発電設備の性能アップを求める全世界の顧客ニーズに応えていくために、両社が協力関係を持つことが極めて重要であるとの考えで一致したことによる。
 両社は、それぞれベストの経験と技術を持ち寄ることで、単独で開発するよりも、高性能の次世代蒸気タービンをGTCC発電市場に、よりスピーディーに提供することができると判断。また、この取り組みは両社にとって、新たな意義深いステップとなると考えた。

 蒸気タービンは世界の発電量の80%を何らかの形で担っている発電産業界の基幹技術であり、世界的なエネルギー需要の伸びと地球温暖化への関心の高まりを背景に、特に最近は、GTCC発電設備向け蒸気タービンの需要が高まっている。両社はこのような状況を睨み、GTCC発電設備の中核機器である蒸気タービンの革新的な高度化に共同で取り組んでいく。

 

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 火力発電システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る