三菱重工技報
    Vol. 59 No. 1 (2022)   新製品·新技術特集
    技術論文

    移動体向け小型·大減速バイラテラルギヤの開発

    Bilateral Gear that Enable Downsizing of Drive Unit for Mobile Vehicle

    西浦謙佑
    大高一馬
    正田功彦
    藤本康孝

    電動化の進展に伴い,高速モータと減速機で構成されるギヤドモータの需要が高まっている。特に,市場伸長が予測される自動車などのモバイル用途では駆動装置の小型化ニーズが高く,小型で大減速を可能とする変速装置を先行開発することで利益拡大が見込まれる。本研究では,駆動装置の大幅な小型化を可能とする新しい大減速機構として,横浜国立大学が開発したバイラテラルギヤに着目し,当社にて,移動体向けに50kW仕様のギヤを設計·試作した。また,負荷試験を実施し,動力伝達効率,温度及び振動について検証した。本報では試作したバイラテラルギヤの概要と負荷試験結果について述べる。