三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    PWR主機の設計改良及び評価技術高度化による信頼性向上の取組み

    Design Improvement and Evaluation Technology Enhancement of PWR Main Components for Higher Reliability

    松原真仁
    峯野朋乃
    渡邉啓太
    最上雄一
    門出匡胤
    萩下敬雄

    PWR型原子力プラントの原子炉冷却系を構成する主要機器は原子炉の冷却機能を担う安全上重要な機器である。これらの機器は,耐震指針の見直し(2006年)に伴う設計用地震動の増大への対応が求められており,設計改良や評価技術高度化による信頼性向上に継続的に取り組んでいる。大規模試験等にて検証した高度化評価手法にて,機器の耐震強度を精緻に評価し,過酷な地震条件にも耐え得る高い信頼性を備えていることを確認した。今後も,総合原子力プラントメーカとして更なる安全性·信頼性向上に資する技術開発を継続していく。