三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    将来に向けた革新的な原子炉開発 - 軽水小型炉,高温ガス炉,マイクロ炉 -

    Development of Mitsubishi Innovative Nuclear Reactor toward the future; Small-PWR, High Temperature Gas-cooled Reactor and Micro-Reactor

    井田俊一
    谷口洋
    須山和昌
    蒲原覚
    木村芳貴

    原子力エネルギーは,脱炭素化に向けた有力な選択肢であり,発電用途だけでなく,熱利用等を含め,幅広い分野で活用可能なポテンシャルを有している。一方,原子力エネルギーの利用に関しては,福島第一原子力発電所の事故を受け,極めて高い安全性,また,他のエネルギーと競争できる経済性との両立が求められる。当社では,従来の大中型軽水炉,また国の燃料サイクル政策の下で開発している高速炉に加えて,将来の様々なニーズに対応できるよう,軽水小型炉,高温ガス炉,マイクロ炉を"将来炉"として位置付け,開発に取り組んでいる。本報では,これら3つの将来炉について,特徴とメリット,採用技術等を解説する。