三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    原子力施設の合理的な廃止措置へ向けた取組み

    Activities to Rational Decommissioning for Nuclear Facilities

    谷内俊範
    谷口優
    小室敏也
    黒川登
    新田義一
    勝部隼也

    三菱重工業(株)は,加圧水型原子力発電所を始めとする各種原子力施設の建設,保守を通して得られた経験を基に,長年にわたって商業用原子力発電施設を中心とした原子炉等の廃止措置に関わる技術開発に取り組んできている。廃止措置に必要となる技術としては,計画段階でのシステムエンジニアリング·残存放射能評価技術,本格工事段階での除染·解体技術ならびに発生する廃棄物に対して必要となる廃棄体化(放射性廃棄物を埋設処分するために容器に固型化する等の処理をすること)·放射能測定技術の各技術があり,本報では,これらの各技術に対する最新の取組状況みを紹介する。