三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    工場デジタル化による製造·品質管理高度化

    Advancement of Manufacturing and Quality Control by Shop Digitalization

    佐野裕介
    吉永忠史
    西岡毅
    寺前卓真
    永尾剣一
    三宅孝司

    高い品質が要求される原子力製品の製造工場において,製造管理や作業記録は,製品品質を確保し保証するために不可欠である。近年,原子力製品への品質管理要求がさらに高度となるなか,工場では発電所の機能増強等に対応する少量多品種の製品を,法令や規格の要求に応じて製作を行うきめ細かな製造管理を進めている。本報では,モバイル端末や電子帳票などのITを活用したデジタル化により,各種製品の作業指示,作業履歴などのより確実な管理を可能とする製造管理と,品質記録における手書き等の人の関与する作業を最小化した品質記録管理に関する事例を紹介する。