三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    大規模構造解析技術を用いた原子炉冷却系主要機器の健全性評価プロセス高度化

    The Process Improvement for Evaluating the Soundness of the Reactor Coolant System Main Components Using Large-Scale Structural Analysis Technology

    渡邉啓太
    朝田誠治
    中島誠
    井上耕也
    大野直樹
    飴谷康文

    PWR(Pressurized water reactor)型原子力発電所の原子炉冷却系を構成する原子炉容器や蒸気発生器などの主要機器は,運転中の温度や圧力の過渡変化や地震力に対して詳細解析による構造健全性評価が求められる。従来,この詳細解析は細分化した解析モデルを使った構造解析プロセスにより行われている。また,近年の構造解析技術の発展を背景に,原子炉冷却系の主要機器の構造解析をシームレスに一度に計算する構造解析プロセスを構築し,効率的に解析する技術を開発している。