三菱重工技報
    Vol. 57 No. 4 (2020)   原子力特集
    技術論文

    軽水炉燃料の高度化に対する取組み - M-ReXTM及び事故耐性燃料被覆管の開発 -

    Development of M-ReXTM for High Reliability and High Seismic Performance, and Study for Development of Accident Tolerance Fuel cladding

    下村尚志
    佐藤大樹
    尾上昌晃
    村上望

    軽水炉の安全性向上と信頼性向上に向けた活動の一環として,三菱重工業(株)と三菱原子燃料(株)では,軽水炉燃料の高度化に取り組んでいる。短中期的には,軽水炉の安定かつ計画的な運転に向け,燃料の耐震性や信頼性向上を目指し,M-ReXTM(MNF Robust and eXcellent performance fuel assembly)を開発中である。また,中長期的には現行のZr基合金よりも事故耐性が向上するクロム(Cr)コーティングジルコニウム(Zr)基合金製燃料被覆管を開発し,さらに高い事故耐性が期待できるシリコンカーバイド(SiC)製の燃料被覆管の開発も視野に入れている。本報ではこれらの取り組みの概要について述べる。