三菱重工技報
    Vol. 57 No. 1 (2020)   新製品·新技術特集
    技術論文

    ソフトセンサを用いたプラント水質の仮想計測·監視技術

    Virtual Measurement and Monitoring Technologies for Plant Water Quality by Using Software Sensors

    澤津橋徹哉
    梶伸之介
    嬉野絢子
    藤井秀治
    松原龍
    船津公人

    発電所のプラント水質を対象として,東京大学との共同研究で開発したソフトセンサによる仮想計測の可能性を検討した。遺伝的アルゴリズムを用いた変数選択,非線形回帰モデルと適用型モデルを組み合せたプラント運転追従型のソフトセンサモデルを構築し,これまで連続測定が困難であった塩化物イオン濃度を,実機プラントデータによる解析で仮想計測できることを検証した。三菱重工グループでは,AI/IoTを活用した保守·保全やオペレーション支援を提供するデジタルソリューションビジネスを展開しており,今後,ソフトセンサを実装したアプリケーションを開発し,運転員の技量に拠らず状態量監視が可能な発電プラント水質診断システムの開発を進めていく。