三菱重工技報
    Vol. 57 No. 1 (2020)   新製品·新技術特集
    技術論文

    高精度·高能率レーザ加工技術を実現するフォトニック結晶ファイバによるビーム伝送技術

    Beam Transmission Technology by Photonic Crystal Fiber to Realize High-Precision and High-Efficiency Laser Processing Technology

    奥田剛久
    藤谷泰之
    呉屋真之
    井上明子

    日本電信電話(株)と三菱重工業(株)は,2014年4月よりNTTの研究所が持つICT(情報通信技術)分野の研究開発成果を,当社のエネルギー·環境,交通·輸送等の社会インフラ関連製品や国内外の生産現場や現地工事などに適用し,新たな価値創造を目指すことを目的に,研究開発連携を推進してきた。その1つの成果として今回,NTTが保有していた通信用の光ファイバ技術であるフォトニック結晶ファイバ(PCF:Photonic Crystal Fiber)と当社の高出力レーザ加工技術の融合により,精密な加工に適した高い品質を維持したまま,kW級の高出力シングルモードレーザ光を数十メートルにわたり伝送することに成功した。