三菱重工技報
    Vol. 57 No. 1 (2020)   新製品·新技術特集
    技術論文

    炭素繊維複合材の低コスト·高速成形条件の導出

    Derivation of the Low Cost and High-Speed Forming Conditions for a Carbon Fiber Reinforced Plastic

    武内幸生
    池田航介
    西村渉
    柳瀬祐丞
    横尾和俊

    炭素繊維強化プラスチック(CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics)は,高い比強度が要求される用途に用いられているが,一般的に材料や成形コストが高く,長い成形時間が課題である。本研究では,ガラス繊維強化プラスチック(GFRP:Glass Fiber Reinforced Plastics)に適用されている引抜成形法をCFRPに応用し,低コスト·高速成形を狙った。また,最小回数の試作にて最適成形条件を抽出するために,成形型内の樹脂の粘度分布シミュレーションを行った。この結果,試作2回のみでCFRP角柱パイプを良好に成形することに成功した。