三菱重工技報
    Vol. 56 No. 2 (2019)   M-FET特集
    技術論文

    金属積層工法によるターボチャージャ試作のリードタイム短縮

    Rapid Prototyping of Turbocharger Turbine Housings by Powder Bed Fusion Additive Manufacturing

    瀧田篤史
    新沢慶介
    小椋謙

    急激なターボチャージャ需要の高まりに伴って受注拡大には開発サイクルの短期間化及びお客様への試作品提供の短納期化が重要となっている。ターボチャージャ部品の中でもコンプレッサカバー(C/C)及びタービンハウジング(T/H)は車種毎に取り合いインターフェース形状が変わる上,鋳造で製作しているため,製造リードタイムが長い。そこで,鋳型が不要でリードタイム短縮が期待できる金属積層工法のC/C及びT/Hの製造への適用を検討した。適用においては,重工技報Vol.55 No.2で紹介した金属積層工法に関する要素技術を活用するとともに,C/C及びT/H試作に特有の課題である,鋳造材料における造形条件の設定,造形材の機械特性の評価,内部流路の形状評価,ターボチャージャとしての性能評価に取り組み,ターボチャージャ試作のリードタイムを3分の1以下に短縮することに成功した。