三菱重工技報
    Vol. 56 No. 2 (2019)   M-FET特集
    技術論文

    発電用エンジンにおける予兆診断システムの高度化

    Development of Predictive Diagnosis System for Engine Generations

    石田一郎
    中北治
    高橋貴明
    嘉戸貴志
    若杉一幸
    安藤純之介

    三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株)(以下,当社)では,お客様発電設備の安定稼働に貢献することを目的として予兆診断システムの開発を行っている。従来,発電用エンジンは,その運転形態から発電出力が一定ではなく,一般的な予兆診断手法では予兆検知が難しかった。そこで当社では,"統計的手法(VQC法)","ビッグデータ解析","過去不適合の知見活用"の3つのアプローチで予兆診断システムを開発し,運用を開始している。2018年度までの開発で,十分な予兆的中率が得られる見込みがつき,2019年度からは予兆診断サービスの商品化を計画している。