三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    エネルギー利用の多様化するニーズに応えるデマンド予測を用いた電力需給の最適化

    Responding to the Various Needs for Energy Usage Electricity Optimization using Demand Prediction

    手島哲平
    大石正純
    鈴木忠
    橋本英樹
    森原雅幸

    工場などの大口需要家は,エネルギー(電力,熱,燃料等)や水,圧縮空気等の各種ユーティリティを使用しているが,エネルギーコストの低減だけでなく,CO2排出量の抑制,生産効率の向上,操業の安定化,熟練技術者の不足といった難易度の高い複数の課題を同時に解決することが求められている。この課題を解決するために,将来必要となるエネルギー量やそのタイミングを把握する予測技術が重要となる。そこで当社は,独自のAIにより工場の電力デマンドを予測する"電力デマンド予測システム"の開発を行ったので,社内実証事例とともにその内容を紹介する。