三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    再生可能エネルギーの有効利用に向けた一手
    予測技術とガイダンス機能を用いたエネルギーマネジメント

    New Step for Renewable Energy Utilization Energy Management
    Using PV Prediction and Operation Support

    彌城祐亮
    手島哲平
    橋本英樹
    井上学

    環境意識の高まりを背景に,太陽光発電等の再生可能エネルギー(再エネ)の導入が年々拡大を続ける中,電力需要家にとっては,工場内にある発電設備や蓄電設備(ESS)を,変動する気象条件の中でどのように運用するべきかが課題となっている。本取組みでは機械学習による予測技術を用いて,再エネの発電量を予測し,その結果からESSの充放電ガイダンスを導出するシステムを開発した。このシステムは実際に当社工場の電力管理部門で実証試験を行い,設備を管理するユーザにとって必要な機能やインターフェースの抽出と,システムの有効性の評価を行っている。今後も機能を向上させ,自社の工場の取組みで得られた知見を社外のお客様に提供する準備を進め,お客様の再エネの有効活用に貢献していく。