三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    コンバインドサイクルHRSGのアルカリ腐食検査技術の開発
    (空気圧搬送ECT)

    Development of Inspection Technology for HRSG Caustic Gouging
    (Air Pressure Conveyance ECT)

    浦田幹康
    山口岳彦
    浦田直矢
    中原強
    黒澤裕也
    高橋春女

    火力発電プラントのコンバインドサイクルHRSG(Heat Recovery Steam Generator)伝熱管では,アルカリ腐食等による管内面側の腐食減肉の発生が懸念される。三菱重工業(株)及び三菱日立パワーシステムズ(株)では,伝熱管の腐食減肉部をスケールを除去せずに計測可能な技術として空気圧搬送ECT(Eddy Current Testing:渦電流探傷法)検査システムを開発した。また,本技術の性能評価のため,東北電力(株)仙台火力発電所4号機HRSGにて検証試験を実施し,良好な結果が得られた。