三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    CO2フリー社会の実現に向けた水素燃焼ガスタービン

    Hydrogen Fired Gas Turbine for the Realization of a CO2-free Society

    野勢正和
    川上朋
    荒木秀文
    仙波範明
    谷村聡

    ガスタービン複合発電(以下,GTCC)はそのクリーンかつ高効率な特性から,現在,発電に占める割合が大きくなっている。そのためCO2フリー社会の実現には,発電用大型ガスタービンにおける水素の大規模利用が重要である。三菱重工グループでは,天然ガスと水素の混焼方式と水素専焼方式の大型ガスタービンの開発を進めており,現在,水素30vol%の混焼試験に成功している。さらに,水素のエネルギーキャリアの一つとして有望なアンモニアのGTCCでの利用についても研究を開始した。また,ヨーロッパにおけるGTCCプラントの水素焚き転換プロジェクトにも参画している。これらの活動を通して,三菱日立パワーシステムズ(株)(以下,当社)は水素の供給·輸送·貯蔵に関する国際的な水素サプライチェーン構築を牽引し,水素社会の実現に貢献していく。