三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    SOFC-MGTハイブリッドシステムの市場導入に向けた取り組みについて

    Development of SOFC-Micro Gas Turbine (MGT) Hybrid Systems for Commercialization

    冨田和男
    河戸希美
    小林大悟
    加藤芳樹
    末森重徳
    浦下靖崇

    将来の低炭素社会に向けて,高効率な発電が可能な固体酸化物形燃料電池(SOFC)をガスタービンと組み合わせたSOFC-MGTハイブリッドシステムの開発を進めている。250kW級機においては,2015年度より,国立研究開発法人新エネルギー·産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業にて,国内4か所に実証機を設置し,耐久性の検証,実負荷環境での起動停止試験や負荷変化試験などの市場投入に向けた実証を実施し,安定して稼働できることを確認した。その結果を受け,2017年より250kW級機の市場投入を開始している。更に,2016年度よりNEDO委託事業にて,従来から大容量化した1MW級機の検証を開始しており,現在三菱日立パワーシステムズ(株)(以下,MHPS)長崎工場にて実証試験を実施中である。