三菱重工技報
    Vol. 55 No. 4 (2018)   パワードメイン 新事業特集
    技術論文

    機械学習を適用したボイラデジタルツイン

    Development of Boiler Digital Twin by Applying Machine Learning

    相木英鋭
    斉藤一彦
    堂本和宏
    平原悠智
    小原和貴
    佐原聡一郎

    統計的処理を基盤とした人工知能関連の技術が近年注目を浴びている。人工知能はデータを学習する点に特徴があるが,稼働中の発電所からは刻々と運転データが生成されており,このデータを学習し,より良い運転状態を実現できれば,従来の制御を補完する柔軟な制御システムを構築できる可能性がある。本報では,発電所の経済性を高めてお客様の収益力の向上に寄与することが可能なデジタルツインの実装手順,機能概要,システム構成,台湾での導入事例を説明する。