三菱重工技報
    Vol. 54 No. 4 (2017)   航空宇宙特集
    技術論文

    再使用型ロケット開発に向けた技術実証

    Challenge for the Space Transportation Cost Reduction by Reusable Launch Vehicle

    望月一憲
    坪井正徳
    辻岡光俊
    金子敬郎
    尾場瀬公人
    坂本登

    三菱重工業(株)(以下,当社)は現在の宇宙輸送コストを大幅低減するため再使用型ロケット開発に向けた取り組みを続けている。当社は国立研究開発法人宇宙航空開発研究機構(以下,JAXA)による再使用観測ロケット技術実証に参画し100回以上繰り返し使用可能な再使用エンジンの開発や再使用型ロケットに必要な要素技術の実証を行った。また社内研究として小型実験機による着陸誘導制御技術の飛行実証を行った。このような取り組みで得られた成果を元に当社はJAXAと共同研究により再使用ロケット実験機を開発し,再使用型ロケットによる宇宙輸送コスト低減に向けた技術レベル向上を目指している。