三菱重工技報
    Vol. 54 No. 2 (2017)   冷熱特集
    技術論文

    全容量域に低GWP冷媒を展開したターボ冷凍機"ETI-Z,GART-ZE/ZEI"

    "ETI-Z, GART-ZE/ZEI" Centrifugal Chillers using Low-GWP Refrigerants for Full Capacity Range

    栂野良枝
    宮本潤
    神吉由恵
    清水和美
    三浦貴晶
    長谷川泰士

    冷媒の世界動向として,2016年10月のモントリオール議定書"キガリ改正"で定められた,HFCの生産及び消費量の段階的削減義務は重要である。先進国は2036年に基準年(2011年-2013年)の85%削減となっている。今後,HFC削減のために規制が強化される可能性もあり,早急な低GWP(Global Warming Potential=地球温暖化係数)冷媒への転換が必要となっている。そのためライフサイクルを考えると,HFC冷媒を使用したターボ冷凍機を新たに導入することは難しくなっていく。そのような中,三菱重工サーマルシステムズ(株)は2015年9月にGWPが1のHFO-1233zd(E)を採用したETI-Zシリーズを,2017年4月にはGWPが1より小さいHFO-1234ze(E)を採用したGART-ZE/ZEIシリーズの販売を開始した。これにより,冷凍能力が150USRtから5000USRtと全てのラインアップで低GWP冷媒対応のターボ冷凍機を提供できるようになった。