三菱重工技報
    Vol. 53 No. 4 (2016)   新製品·新技術特集
    技術論文

    航空機用複合材構造の高速修理法の開発

    Development of Quick Repair Method for Aircraft Composite Structures

    須原正好
    清水隆之
    長谷川剛一
    重冨利和
    上林正和
    佐藤幸宏

    主に航空機向けに開発した複合材構造の高速修理法を紹介する。従来の修理では修理パッチとして未硬化のプリプレグを用いるが,修理パッチを成形·硬化させるために長い時間がかかる。本手法は,予め硬化させた薄い修理パッチを複数枚用いて間に接着剤を挟んだ構成であり,これを被修理部の形状に合わせて設置してから大気圧によって加圧し,接着剤をヒーターマットで加熱硬化させるものである。本手法の検証のため,接着品質確認試験·検査性確認試験及び強度試験を実施し,成立性を確認した。本技術により,複合材構造の修理時間が従来比約70%低減し,航空機損傷時に早期運航復帰が可能となる。