三菱重工技報
    Vol. 53 No. 4 (2016)   新製品·新技術特集
    技術論文

    多段軸流圧縮機性能向上検証のための実験計測技術の開発

    Development of Measurement Method for Verification of Improved Performance Multi Stage Axial Compressor

    山下知志
    三戸良介
    奥薗昌光
    上野真次

    ガスタービン発電はクリーンで経済的な発電設備であり,近年の自然エネルギーの利用拡大に伴い,ベースロードのみならず電力需要の変動に追従する発電設備として,その重要性が増している。当社では,ガスタービン効率の更なる向上を目指し,1700°C級ガスタービンの要素技術の開発を(国研)新エネルギー·産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として実施している。1700°C級ガスタービン用軸流圧縮機では,ガスタービンサイクル効率向上のために圧力比の上昇と性能向上,ならびに運用範囲拡大のための安定作動範囲の確保が必要である。これらの圧縮機性能の検証のため,8段の段数を有するモデル圧縮機試験装置を開発した。本稿では,当該補助事業にて開発した試験設備と,金属3Dプリンタを適用した計測技術の開発状況について述べる。