三菱重工技報
    Vol. 53 No. 4 (2016)   新製品·新技術特集
    技術論文

    機構解析と非線形応答曲面による高速·高精度な最適化手法を適用した設計技術

    Design Technique Applied the Multi-body Dynamics and the Optimization Technique by a High Speed and High Accurate Nonlinear Response Surface

    アロウラロヒット
    今岡健悟
    二橋謙介

    機構解析は複雑機構の成立性評価に有効であるが,かじり付き等を起こす最悪条件(特異解)の探索には,膨大な量のパラメータ組合せ解析を要し,計算コストと期間増を招いている。そこで,機構解析に非線形応答曲面手法(クリギング法)とEIF(Expected Improvement Function)を組み合わせた効率的な応答曲面アップデート手法を適用し,且つ機構解析-非線形応答曲面モデル連携ツールを構築することで,特異解の導出に要する時間を削減できた。本手法を蒸気タービン向けバルブに適用し,かじり付きリスクの少ない構造を案出することが出来た。