三菱重工技報
    Vol. 52 No. 2 (2015)   三菱日立パワーシステムズ特集
    技術論文

    超低NOx石炭焚きM-PMバーナの開発と実機適用

    Development and Operational Results of Ultra-low NOX Coal Firing M-PM (Multiple Pollution Minimum) Burner

    松本 啓吾
    葛西 潤
    佐伯 知則
    竹井 康裕
    須藤 隆之

    石炭は豊富な埋蔵量,また埋蔵地域が偏在していないことから,今後とも重要なエネルギー資源として期待されている。一方で環境負荷低減のため更なる低NOX化が求められていることから,石炭焚ボイラ向けに適用される超低NOXバーナ(M-PMバーナ)を開発·実用化した。バーナ改造のみ,あるいはバーナ+AA(Additional Air)ノズルを改造した発電用ボイラ4缶における実機検証(出力350~700MW,中燃料比炭,灰分約10%)の結果,世界最高レベルとなる50~110ppmの超低NOXレベルが達成可能であることを検証し,運用費低減も可能となることを確認した。