三菱重工技報
    Vol. 50 No. 1 (2013)   新製品·新技術特集
    技術論文

    津波から構造物を守る三菱重工の津波シミュレーション技術

    Technique of Analysis and Evaluation for Protect Structures from Tsunami

    四條利久磨
    佐藤敏浩

    2011年の東北地方太平洋沖地震では,従来の想定を超える巨大な津波により数多くの構造物が損壊した.近年,東海·東南海·南海三連動型地震の発生が危惧される中,今後沿岸部における津波対策の強化が求められるが,その検討にあたっては,陸上に遡上する津波の挙動や陸上構造物に作用する津波波力の評価が重要となる.当社は100年以上の歴史を持つ船舶の波浪検討技術及び最新の大規模計算機シミュレーション技術を有しており,これらを組み合わせた3次元津波解析による津波挙動,津波波力の評価技術の開発を行い,実機への適用を推進している.本報では,これらの解析,評価技術の概要,実機への展開例などを紹介する.