三菱重工技報
    Vol. 50 No. 1 (2013)   新製品·新技術特集
    技術論文

    EPA Interim Tier 4 排出ガス規制対応小型ディーゼルエンジンの開発

    Development of EPA Interim Tier4 Certified Small Diesel Engine

    平岡賢二
    山田哲
    井手和成
    西澤和樹
    山田知秀
    岡島昭英

    ディーゼルエンジンは他の内燃機関と比較して,燃料汎用性が高く,また,燃費に優れていることから,様々な産業機械の動力源として利用されている.一方で,排出ガス規制は年々厳しくなっており,定格出力56kW以上75kW未満では2012年より米国にてEPA Interim Tier4排出ガス規制が開始されている.この規制では従来規制に比べてPM(Particulate Matter:粒子状物質)排出量を1/20以下に低減するなど,さらなる排出ガスの低減が求められる.そこで,従来規制対応機よりも排出ガス規制物質を低減しつつ,同時に低燃費率化を実現したEPA Interim Tier4排出ガス規制対応エンジンD04EGを開発したので紹介する.