三菱重工技報
    Vol. 50 No. 1 (2013)   新製品·新技術特集
    技術論文

    コンバインドサイクルプラントにおけるHigh-AVT(高pH水処理)適用による信頼性向上

    Success of High-AVT (High pH water treatment) Application in Overseas Combined Cycle Planf

    椿崎仙市
    安藤博文
    竹井康裕
    永沼孝之
    坂本康典
    西太一

    コンバインドサイクルプラントの水処理では,一般に,給水系統にアンモニアとヒドラジン,ボイラ系統にりん酸塩が使用されている.メキシコのトゥクスパン2号·5号発電所では,アンモニアにより給水pHを高めに設定し,ボイラ系統でりん酸塩を必要としない『High-AVT(高pH水処理)』を採用した.2001年のトゥクスパン2号営業運転開始から10年以上が経過したが,この間における機器点検において異状は確認されておらず,良好な運転実績が得られたため,High-AVTをコンバインドサイクルプラントにおける水処理の選択肢のひとつとして紹介する.