三菱重工技報
    Vol. 48 No. 4 (2011)   航空宇宙特集
    技術展望

    宇宙利用のライフサイエンス分野における新たな展開

    New Development of Space Utilization in Life Science Field

    落合俊昌
    村瀬浩史
    本馬敦子
    行徳淳一郎

    当社は,宇宙におけるライフサイエンス研究の有効性を確認するために,航空機実験などによって微小重力環境が小動物やヒトに与える影響を分子レベルで追跡し,宇宙環境が新たな中枢神経系疾患モデルの作製に寄与する可能性を得ている.新たな宇宙での小動物実験の実現及び機会の創出により,地上では未解明の病態メカニズムの解明など,我々の生活へと還元可能な成果を得ることが期待される.宇宙での小動物実験実現に向けた取組みについて述べる.