三菱重工技報
    Vol. 48 No. 3 (2011)   発電技術特集
    技術論文

    A-USC(700°C級先進超々臨界圧発電)の技術開発と展望

    Technical Development and Future Prospect of A-USC

    中村眞二
    河島弘毅
    竹井康裕
    齋藤伸彦
    田中良典
    西本慎

    700°C級A-USC発電技術(Advanced Ultra Super Critical発電技術,以下A-USC)について, 700MWのボイラ,蒸気タービンプラントにおけるサイクル最適化検討を実施し,プラント送電端効率46%(HHV,高位発熱量)以上が達成できる目処を得た.ボイラの材料開発については,ボイラ·主配管向けに開発されたNi基合金について,溶接性·クリープ破断特性·曲げ加工性評価を実施するとともに,石炭灰による高温腐食特性試験を実施し,いずれも良好な結果が得られた.蒸気タービンの材料開発については,ロータ材としてLTES700Rの8t鋼塊を製造するとともに,この試作材と先進12%Cr鋼との異材溶接施工を行い良好な施工性が確認できた.鋳造材については,Alloy 617のステップブロックを製造し,良好な材料特性が確認できた.