三菱重工技報
    Vol. 48 No. 3 (2011)   発電技術特集
    技術論文

    最新の製鉄所副生ガス焚き ガスタービンコンバインドの開発状況

    Development of the Leading Technology of Low BTU Gas Firing Gas Turbine Combined Cycle Plant for Steel Works

    小森豊明
    山上展由
    島村裕

    近年,製鉄所納めのBFG(高炉ガス)焚きガスタービン設備において,さまざまな顧客のニーズを受けている.特に,BFGを増熱するCOG(コークス炉ガス)量の削減や窒素ガスの削減の強い要求がある.これに対して,当社は中国の既設発電設備の実機において,M701SDA によるCOGを削減した低カロリー運用,M251Sによるゼロパイロット運用,M251Sによる高カロリー運用,の確認運転を行った.その結果,無負荷及び定格負荷,負荷遮断とも問題なく運転ができたことを確認し,顧客ニーズに応える様な運用性の改善を行った.現在,ほかの顧客への展開を行っている.以下において本内容を紹介する.