三菱重工技報
    Vol. 47 No. 4 (2010)   自動車関連技術特集
    技術論文

    自動車用エンジンのダウンサイジングに貢献する電動スーパーチャージャの開発

    Development of Electric Supercharger Contributing to the Downsizing of Automobile Engine

    山下幸生
    茨木 誠一
    住田邦夫
    惠比寿幹
    安秉一
    荻田浩司

    環境保全とドライバビリティーの両立を目指し,自動車用エンジンには高度な制御が要求され,電動化が進展している.過給用コンプレッサを排ガスタービンやベルト駆動に替わり高速モータで駆動する電動スーパーチャージャは,モータの高速応答性をいかしたターボラグ解消,自然吸気エンジン並みの燃費,エンジンのダウンサイジングを実現できる手段として,実用化が期待されている.今回,当社で開発した電動スーパーチャージャの単体試験によって,2kW-140000rpmのコンプレッサ負荷作動点への加速時間が1.0secとなる高速応答を確認できたので,これを紹介する.