三菱重工技報
    Vol. 47 No. 1 (2010)   低炭素社会特集
    技術論文

    排熱有効利用によるCO2排出量削減を実現するターボ圧縮式ヒートポンプの開発

    Development of Centrifugal Heat Pump which achieves CO2 emission reduction by exhaust heat effective utilization

    奥田誠一
    上田憲治
    仁田雅晴
    西井健一朗
    永井 建
    枡谷 穣

    CO2排出量削減,省エネルギーの観点からヒートポンプ技術が注目を集め家庭用レベルで普及し始めている.当社はこのヒートポンプの技術を産業用途に適用すべく,当社ターボ冷凍機の技術をベースに1t/hボイラ相当の大容量熱出力で,かつ最高80°Cの温水を連続的に供給できるターボ圧縮式のヒートポンプを開発し,販売を開始した.このヒートポンプを導入した場合,試算では油炊きボイラと比較し,CO2排出量を年間約74%,ランニングコストを年間約38%削減できる.