三菱重工技報
    Vol. 46 No. 4 (2009)   原子力特集
    技術論文

    小口径配管系の耐震安全性に関する研究

    Study on Seismic Safety of the Small Bore Piping and Support System

    佐藤邦彦・門出匡胤・平山大作・小郷卓也

    日本の原子力発電所は,"発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針"に基づき耐震設計がなされているが,2006年9月の本指針の改訂を機に国から事業者は,既設プラントの耐震バックチェックの要請を受けた.原子力発電所の重要な設備については,これまで様々な耐震試験により裕度が確認されているが,配管とサポートが同時に弾塑性挙動を示すような耐震裕度試験は少ない.このため,当社は(電力会社からの委託で)巨大地震を想定した耐震試験を世界最大の震動台((独)防災科学技術研究所E-ディフェンス)を用いて実施し,配管-サポート系全体の耐震安全性を確認したので,これを紹介する.