三菱重工技報
    Vol. 46 No. 4 (2009)   原子力特集
    技術論文

    総合デジタル化計装制御システムの技術動向-既設プラントの更新,及び新設プラント適用への取組み-

    The Technological Trend of a Computerized Control System- the Renewal of Instrumentation and Control Systems, and Application for a New Plant -

    徳永英昭・右近浩幸・木内信二・石井 圭・糀谷和久・高野直樹

    原子力発電プラントの安定した運転のためには,信頼性が高くかつ容易に操作できる計装制御システムが不可欠である.計装制御システムの世界的な動向として,ソフトオペレーションタイプの中央制御盤の適用,制御保護設備のデジタル化が進められてきており,当社は、これら総合デジタル化計装制御システムを適用した既設プラントの更新,及び新設プラントへの適用を実施している.本報では,これら計装制御システムの適用による運転操作性の向上,保守性·信頼性の向上の取り組みについて紹介する.