三菱重工技報
    Vol. 45 No. 1 (2008)   地球温暖化対策特集
    技術論文

    200 kW 級固体酸化物形燃料電池(SOFC)発電システムの開発と展望

    Development of 200 kW Class SOFC Combined Cycle System and Future View

    玄後義
    小林由則
    安藤喜昌
    久留長生
    加幡達雄
    小阪健一郎

    SOFC(固体酸化物形燃料電池:Solid Oxide Fuel Cell)は900 ~ 1 000 °Cの高温で作動する燃料電池である.SOFC は石炭を含む多様な燃料の使用が可能であり,従来の熱機関に比べ,規模にかかわらず単体でも高い発電効率が得られる.高温で作動することからガスタービンとの複合発電が可能であり,当社開発の円筒形SOFC は構造が堅ろうで,ガスタービンとの複合発電のような動的な変動を伴う系に適しており,天然ガス燃料で70 %以上,石炭燃料で60 %以上の高効率発電が達成でき,CO2 削減の切り札として期待できる.