ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第55巻 第3号 インダストリー&社会基盤ドメイン特集インバウンド増加に対応した旅客搭乗橋及びマルチドア対応ホームドア

三菱重工技報
  製品紹介
  和文:Pdf
英文:掲載なし
インバウンド増加に対応した旅客搭乗橋及びマルチドア対応ホームドア

Passenger Boarding Bridge and Platform Screen Door for the Increase of Inbound

 2017年度のインバウンド(訪日外国人旅行者数)の実績は2869万人であるが,国土交通省は,2020年度に開催される東京オリンピック・パラリンピックで高まる日本への注目を最大限活用し,2020年度のインバウンドの目標を4000万人と定め,受入環境の整備に力を入れている。 三菱重工交通機器エンジニアリング(株)(以下,当社)では,インバウンド増加に伴う空港設備のバリアフリー化へ対応した旅客搭乗橋(PBB)を製造している。 また,国土交通省は1日の乗降客が10万人以上の駅へのホームドアの導入を指導しており,当社では鉄道駅において導入が急増しているホームドアへ当社独自技術を適用し商品化している。