ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第54巻 第3号 三菱日立パワーシステムズ特集ICTとAI技術活用によるGTCC運転・監視業務の負担軽減の取り組み

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
ICTとAI技術活用によるGTCC運転・監視業務の負担軽減の取り組み

Efforts toward Man-hour Reduction of GTCC Operation and Monitoring by ICT and AI Technologies

高須素志・岡誠司・野村真澄・工藤敏文・星島秀之

Motoshi Takasu, Seiji Oka, Masumi Nomura, Toshifumi Kudo, Hideyuki Hoshijima
 熟練運転員の育成・維持及び運転要員の省力化(少人数化)は,GTCC(Gas Turbine Combined Cycle)発電プラントを維持運営していく上で課題となっている。本報では,GTCC発電プラント運用(給電運用/商用運用)にて熟練運転員が必要とされる個々の発電プラントでの異なる操作,複数プラントでの予定管理,及び五感に頼っている巡回監視について,ICTを用いて運転員を多能工化するナビゲーションシステム及びAIを用いた画像・音響による現場監視システムを適用することで発電プラント運用における熟練運転員を始めとする省力化(少人数化)について説明する。