ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第54巻 第3号 三菱日立パワーシステムズ特集1700℃級超高温ガスタービンの要素技術の開発

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
1700℃級超高温ガスタービンの要素技術の開発

Key Technologies for 1700℃class Ultra High Temperature Gasturbine

石坂浩一・斉藤圭司郎・伊藤栄作・由里雅則・正田 淳一郎

Koichi Ishizaka, Keijiro Saitoh, Eisaku Ito, Masanori Yuri, Junichiro Masada
ガスタービン複合発電は,再生可能エネルギーと共存する最もクリーンで経済的な火力発電設備として,長期的な市場拡大が予想されている。現在,更なる高性能化を図るために1700℃級ガスタービンの技術開発を国家プロジェクトとして実施しており,開発した最新技術の一部は世界初の1600℃級J形ガスタービンや次期高効率ガスタービンの開発に適用している。本稿では,次世代1700℃級ガスタービンへの適用を目指した技術の事例も含めた開発状況について述べる。