ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第52巻 第3号 工作機械特集低コストで高能率な歯車加工を可能にしたスーパードライコーティングの技術推移

三菱重工技報
  製品紹介
  和文:Pdf
英文:Pdf
低コストで高能率な歯車加工を可能にしたスーパードライコーティングの技術推移

Technical Change of Super Dry Coating for Gear Cutting with Low Cost and High Efficiency

 多様な事業を展開する三菱重工業(株)は,歯車を加工するための工具と機械の双方を扱う数少ない工作機械メーカーの1つとして,また,歯車の切削加工から研削加工に至るまで歯車加工技術に関するトータルソリューションを提供するユニークなメーカーとして国内外で高い評価を得ている。当社は1997年に世界で初めてハイス製ホブ及びピニオンカッタによる歯車の完全ドライ加工を可能にし,飛躍的な加工時間の短縮と工具寿命の延長を実現してきた。これら当社実績により,歯車を量産加工する生産現場の多くで,歯車のドライ加工が広く普及している。本稿では,低コストで高能率な歯車加工を可能にしたスーパードライコーティングについて紹介する。