ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第52巻 第3号 工作機械特集マシニングセンタにおける高精度・高能率加工を実現する最新技術

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
マシニングセンタにおける高精度・高能率加工を実現する最新技術

The Modern Technology which Achieves High Precision and Highly Efficient Processing for Machining Center

佐藤欣且

Yoshikatsu Sato
 自動車・半導体製造装置・電子部品等における比較的長尺な部品及び金型においても,近年,加工精度に対する要求が高まってきている。このワークサイズの領域は,マシニングセンタと大形機の中間に当たり,業界全体で見てもラインアップが少なく,要求精度に応えきれていないのが現状である。当社はマシニングセンタとしては最大級のサイズでありながら小型精密加工機並の加工精度を実現したLH250を開発し,販売しているが,更に新たなオプション機能を開発し,工場環境を大きく変えることなく高精度加工を可能にした。