ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第49巻 第3号 工作機械特集炭素繊維複合材(CFRP)の高能率加工技術

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
炭素繊維複合材(CFRP)の高能率加工技術

High Performance Cutting and Grinding Technology for CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)

有澤秀彰・赤間知・二井谷春彦
 炭素繊維複合材(CFRP)は高い強度と軽さを併せ持つ材料のため,近年航空機や医療機器など一部の特殊分野で使用されており,今後自動車産業など中量産製品においても使用量が増えてくると予想されており注目を集めている.しかし当材料は繊維層が剥離しやすい,工具寿命が短いといった難削材であり,各メーカや研究機関等で工具や加工技術の研究が進められている.当社では加工能率及び寿命において,従来の加工を上回る機械加工技術を実現させることができたので報告する.