ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第49巻 第3号 工作機械特集内・外・段付き歯車を1台で研削可能にする新加工法

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
内・外・段付き歯車を1台で研削可能にする新加工法

New Processing Method Allowing for Grinding Internal, External, and Shoulder Type Gears in a Single Machine

越智政志・栁瀬吉言・中路慶弘・山嵜健一・西村幸久・芦沢祐二
 自動車のトランスミッションをはじめとした歯車装置では,燃費の向上や低騒音化・低振動化,伝達誤差低減のために高精度化のニーズがますます高まっている.近年は熱処理後の歯車研削加工が普及し,歯車の高精度化が進んでいるが,軽量化・低コスト化に対応して加工するワークの形状が複雑化している.そこで当社では,先に開発した量産用内歯車研削盤ZI20Aに外歯車加工用の砥石と治具を取り付け,従来は加工が困難であった軸付ギヤなどの外歯車を高精度かつ高能率に研削加工をする方法を開発したので,紹介する.