ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第43巻 第4号 原子力特集使用済燃料輸送貯蔵キャスクの開発

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
使用済燃料輸送貯蔵キャスクの開発

Development on Spent Nuclear Fuel Transport and Storage Cask

山本知史・玉置廣紀・甫出 秀・松岡寿浩・上脇好春・北条公伸

Tomofumi Yamamoto, Hiroki Tamaki, Suguru Hode, Toshihiro Matsuoka, Yoshiharu Kamiwaki, Kiminobu Hojo
国内外の使用済燃料中間貯蔵市場では,安全かつ経済的な輸送貯蔵キャスクが望まれている.このため, 材料及び生産技術の開発を初め落下試験などの実証試験を実施するなど戦略的な製品開発を進めている. これまで,バスケット用アルミニウム合金,中性子遮へい材(レジン),本体胴底付き一体鍛造法などの 技術開発を行っており,また,IAEA 輸送規則に基づく実機スケールのキャスク落下試験などにより総合 的に安全性を実証している.欧州向けMSF-57B,国内向けMSF-26P 輸送貯蔵キャスクなどはこれら 技術の集積である.