ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第40巻 第4号 未来を拓く発電技術特集バイオマスエネルギーの高度利用技術

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
バイオマスエネルギーの高度利用技術

Advanced Technology of Biomass Energy Utilization

小林由則・黒石敏郎・池本善彦・植松良茂・一ノ瀬利光

Yoshinori Kobayashi, Toshiro Kuroishi, Yoshihiko Ikemoto, Yoshishige Uematsu, Toshimitsu Ichinose
バイオマスは,大気中の二酸化炭素(CO2)が太陽エネルギーにより固定されたものであり,エネルギー源として資源量が豊富である.また,消費と育成のバランスを保つ限り,利用しても大気中のCO2を増加させないため,バイオマス資源のエネルギー利用は各国のCO2排出量に計上されない.したがって,我が国のCO2発生量の削減,さらにはバイオマス系廃棄物の有効利用の観点から,バイオマス資源の高度エネルギー利用技術の開発・実用化が求められている.当社では,バイオマスを直接燃焼,ガス化,炭化あるいは発酵と多様な利用技術について,全社的な取組みを行っている.本稿ではこれらのうち,供給量に季節変動のあるバイオマスを使いやすい形で貯蔵・輸送を可能とするガス化による液体燃料製造技術と発電効率の高い既設石炭焚ボイラでバイオマスを有効利用し,石炭使用量削減を可能とする石炭との混焼技術について紹介する.