ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第40巻 第4号 未来を拓く発電技術特集高度加圧流動床燃焼技術(A-PFBC)の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
高度加圧流動床燃焼技術(A-PFBC)の開発

Development of Advanced PFBC Technology

伊藤克哉・土山佳彦・鳥居 功・石井弘実

Katsuya Ito, Yoshihiko Tsuchiyama, Isao Torii, Hiromi Ishii
当社では,加圧流動床燃焼複合発電技術(PFBC)をベースとして,ガスタービン入口温度の高温化により更なる効率の向上を図る高度加圧流動床燃焼技術(Advanced PFBC:A-PFBC)の開発を進めている.平成13年度から15t/日級のプロセス開発試験装置(Process Development Unit:PDU)でシステムの検証・特性把握を目的とした試験が行われ,累積ガス化運転時間約1200時間を達成して,運転試験を平成14年度で完了した.さらに平成15年度はPDUの解体研究が進められる予定であり,今後これらの結果をA-PFBCの実用化に向けて反映していく.