ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集新型吸収冷暖房機の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
新型吸収冷暖房機の開発

Development of New Absorption Chiller & Heater

福島亮・高木浩一・市岡丈彦・和島一喜

Ryo Fukushima, Koichi Takagi, Takehiko Ichioka, Kazuki Wajima
ビル空調等に用いられる大型冷暖房機の分野では,近年フロンを用いない吸収冷暖房機の需要が増加している.このニーズにこたえるとともに,更に使いやすく,信頼性の高い吸収冷暖房機とするため新型吸収冷暖房機Uシリーズを開発した.Uシリーズでは高性能伝熱管採用による,小型化及び省エネルギー化,流動解析技術の適用による抽気機能向上,三次元FEM解析による構造強度信頼性の向上,希釈時間短縮による省エネルギー化等の改善を行っている.さらに,本シリーズ機は約半年間に及ぶ工場検証試験実施後,平成11年6月に市場に投入している.

Absorption chiller/heaters have attracted attention because they do not use environment-endangering CFCs or HCFCs. We developed the U series absorption chiller/heater to answer market needs, improve reliability, and facilitate use. The U series has been made more compact and energy-saving through the adoption of high-performance tubes, an improved air purge system that uses Computational Fluid Dynamics (CFD), improved construction reliability using 3-D FEM, and shortened stop time. We tested the U series half a year in-house, It was released in June 1999.