ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集マイクロ波プラズマ方式フロン分解装置の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
マイクロ波プラズマ方式フロン分解装置の開発

Development of CFCs Decomposition System Using Microwave Plasma

別所正博・服部敏夫・団野 実・池田哲也・岡田有二

Masahiro Bessho, Toshio Hattori, Minoru Danno, Tetsuya Ikeda, Yuji Okada
冷熱製品等に用いられるフロンはオゾン層破壊,地球温暖化に影響を与えるため回収,破壊システムが整いつつある.そこで,分解方式として当社独自のマイクロ波プラズマ方式を選定し原理実証機による検討を行った.この結果,フロンと水蒸気の混合体を常圧下でプラズマ化することに成功し,他方式と比べキャリアガスや助燃剤を必要としない高効率で安価な技術を開発した.この方式によると,CFC12の分解率は99.99%以上であり,ふっ化水素や塩化水素等の排出も国連環境計画の推奨値をクリアした.また,ダイオキシン類も推奨値を大幅に下回っておりフロン分解技術として有望であることを確認した.

Chlorofluorocarbons, CFCs, long used as refrigerants in air conditioners and refrigerators have been found to contribute to the destruction of the earth's ozone layer. We decomposed CFCs by microwave-discharged thermal plasma under atmospheric pressure. The plasma consisted only of CFCs and steam, resulting in low gas emission and high electrical efficiency because no other gas such as Ar, He, LNG, or LPG is needed in this process to break down over 99.99% of CFCs. Gas discharge after neutralization met United Nations Environment Programme (UNEP) guidelines and dioxin in the emitted gas was much less than the regulation set in Japan.