ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集カーエアコン用スクロール圧縮機の省動力化技術

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
カーエアコン用スクロール圧縮機の省動力化技術

Power Saving Technology of Scroll Compressor for Car Air Conditioner

関田真澄・板鼻 勉・竹内真実・三浦茂樹

Masumi Sekita, Tsutomu Itahana, Makoto Takeuchi, Sigeki Miura
地球温暖化対策としてカーエアコン用圧縮機についても省動力化が必要である.圧縮機の損失低減による高効率化及び負荷に応じて吸入圧力を最適に制御する外部デマンド容量制御により省動力化を行った.すなわち高強度スクロール中央部プロファイルの新規開発による再圧縮損失低減を行い,その効果を筒内圧計測により検証した.新規開発したデマンド容量制御弁により吸入圧力を任意の圧力に制御することを可能とし,これによりエアコン吹出し温度を可変として温水コイルによる吹出し温度制御から外部デマンド制御による吹出し温度制御を可能とし,大幅な省動力化を達成した.

Car air-conditioner compressor input power must be reduced to protect against global warming. Input power was reduced by developing a highly efficient scroll compressor and implementing outer demand capacity control. The highly efficient scroll compressor was achieved by developing a high-strength scroll center profile that reduces recompression loss. This effect was verified by compression chamber pressure measurement. Suction pressure is controlled optionally by a new demand capacity control valve that controls air temperature discharge directly, without reheating the heater core-greatly reducing overall compressor input power.