ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集カーエアコン用冷却ファンの低騒音化技術

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
カーエアコン用冷却ファンの低騒音化技術

Noise Reduction Technique on Cooling Fans for Car Air-Conditioners

近藤文男・鈴木 敦

Fumio Kondo, Atsushi Suzuki
車両の低燃費化のため空調システムの省動力化が要求されている.カーエアコンコンデンサ冷却系において,熱交換性能向上のため風量増大が必要で,冷却ファンの高効率化によるモータ入力低減と低騒音化が不可欠である.これに対して,大幅な前進翼形状とし,またボス部の流れを改善するための最適な翼形状を翼素試験により見いだし,この翼型をボス部付近に配置する新ファンを開発した.このファンの翼面流れの改善により,従来対比4dB(A)の騒音低減と5%の高効率化を達成した.さらに,流れ解析により翼端渦の発生を抑制できるチップフィンを見いだし,この低減を含めて,5~6dB(A)の低騒音化ができる見込を得た.

Energy saving in Heater, Ventilator, Air Conditioner (HVAC) is increasingly critical to reducing automobile fuel consumption. To improve the thermal performance of condensers, the air flow must be increased for cooling system. Reducing motor power input by improving fan efficiency and fan noise are indispensable. A new fan having large forward-skewed blades and using a low-noise airfoil for the hub was developed, its noise level was 4 dB(A) lower than that of the current fan. Tip fins, which suppress tip vortex generation, were determined by air flow analysis, and the effect in reducing noise was 1-2 dB(A). The new blade shape and tip fins are expected to reduce noise 5 to 6 dB(A).